不用品回収・遺品整理・粗大ゴミ回収
 

不用品回収を業者に頼むメリットと選び方

家具や家電などの不要品を処分するには、自治体の回収サービスを利用する方法と、不用品回収業者に依頼する方法の主に2つが考えられます。
自治体で処分できるのであれば、あえて不用品回収業者に依頼する必要はなさそうですが、状況に応じて業者を利用したほうが便利でお得になるケースが多々あります。そこで今回は、不用品回収業者を利用するメリットと、業者の選び方について説明していきます。
 

 
自治体の回収サービスでは、特定の曜日や日にちなど、不要品の回収日が決められていることがほとんどです。
そのため、不要品をすぐに処分したいと思っても、回収日が来るまで待たなければなりません。また、指定された回収場所まで自分で運んで行く必要もあります。洋服ダンスやベッドなどの大型家具を処分したい場合は、家から運び出す作業に大変な労力を要することでしょう。
 
その点、不用品回収業者を利用すると、重たい家具でもスタッフが運んでくれるので快適です。そして、回収する日時の融通が利きやすく、即日対応が可能という業者もあります。
 
テレビやエアコン、冷蔵庫、洗濯機などのリサイクル家電は、家電リサイクル法によってリサイクルが義務づけられており、基本的には購入した家電品店などに引き取ってもらうことになります。したがって、自治体ではリサイクル家電を回収していません。
パソコンも自治体では回収しておらず、メーカーなどに回収を依頼する必要があります。
 
一方、不用品回収業者なら、リサイクル家電やパソコンなども回収してくれます。
さらに、買い取りを行っている不用品回収業者もありますので、状態がよくまだ使える家電であれば値がつく場合もあります。買取金額が回収料金を上回ったとしたら、逆にお金が手に入るというメリットもあるのです。
 
ただし、一般的には、自治体よりも不用品回収業者のほうが回収料金は高くなる傾向です。
そして、不用品回収業者を利用する際は、悪質な業者が存在することにも十分注意しましょう。「無料と聞いていたのに、実際には高額な請求をされた」「買取してくれるはずだったのに、高額な処分料金が発生した」など、悪質なトラブルが実際にいくつも報告されています。
 
そのような悪質業者を選ばないためにも、以下のポイントに気をつけて業者探しをしてみてください。
 
それから、不用品回収業者の所在地が、明確に記されているかどうかも確認しましょう。
ポストにチラシ広告が入っていて、そこに携帯電話の番号だけしか載っていない場合は、信頼できる業者なのかを疑ったほうがよいかもしれません。悪質業者の特徴として、後からのクレームを避けるために各地を転々とし、所在地を明確にしていないという傾向がみられます。ホームページなどで業者の実体を調べたり、実際に利用した人の具体的な口コミを参考にしてみたりして、信頼できる業者なのかをしっかりと見極めましょう。
 
不用品回収のトラブルのなかでも、金銭にかかわるものが最も多いようです。「完全無料」を宣伝文句にしている業者はたくさんありますが、その言葉を鵜吞みにせずに、きちんと見積りを取るようにしましょう。見積りを取ったら、合計金額だけではなく内訳にも目を通し、不明な項目があれば業者に確認をとる慎重さも大切です。
また、見積りをしないで、いきなり作業を始めようとする業者には気をつけてください。作業がすべて終わってから、高額な料金を請求されるかもしれません。そして、見積りは1社だけではなく、できる限り多くの業者にしましょう。
 
料金は明確か、スタッフの対応は丁寧かなど、各業者を比較してベストな業者を選ぶことがポイントです。
 
不用品回収業者のなかには、残念ながら悪質な業者も存在しますが、以上のような見極めるポイントを知っていればトラブルは避けられます。
不要品の処分を急いでいない場合や、指定の回収場所に運ぶのが容易なものは、自治体を利用するとよいでしょう。それ以外のケース、例えば、運ぶのが大変な大型家電や買取の対象になりそうなもの、大量の不要品をまとめて処分したい場合などは、回収業者を利用するのがおすすめです。
 
不用品回収業者をうまく活用して、効率よく快適に不要品を処分しましょう。