不用品回収・遺品整理・粗大ゴミ回収
 

不用品回収を効率よく行う方法とは

新しい家に引っ越す際や、何年も整理を行っていなかった倉庫など、自宅に不用品が溜まってしまっていませんか?
1つ1つ地道に処分する方法もありますが、家電リサイクル法の対象となっているものが存在していた場合、そのまま処分する事が難しい可能性もあります。行政が販売している指定のゴミ袋に入らなかった場合も、粗大ごみに分類されてしまうのでそのままでは捨てる事も出来ません。
そんな時はゴミ回収業者の利用がオススメです。ゴミ回収業者は民間と行政が行うサービスがありますが、特にオススメするのは民間のゴミ回収業者です。民間のゴミ回収業者がオススメの理由はいくつかありますが、もっともオススメ出来るポイントは処分と買取を兼ねる事が出来る…という点ではないでしょうか。
 

 
不用品の処分を行う際は処分料が必要ですが、一部の業者の場合、使える(売れる)商品があった際に買取を行って貰える可能性があります。
 
買い取って貰える商品が多いという時は、不用品にかかる処分費用を賄うことが出来るかもしれません。場合によっては処分後の室内クリーニングを行ってもらえる可能性もあり、民間のゴミ回収業者を利用する事で効率よく不用品の処分を行うことが出来ます。
また、不用品回収や粗大ゴミ回収の依頼を行うと業者の担当者が自宅まで引き取りに来てくれるので、人手の足りない家庭や女性の一人暮らしという場合にも安心です。
 
一方、行政が行うサービスの場合はどのようなサービス内容になるのでしょうか。
行政にこのような作業を依頼する場合、まずは回収作業の予約を行ってから、行政が指定する場所まで自分で不用品を運ぶ必要があります。例えば、大型のベッドであった場合も室内から指定された場所へ運ぶ必要があるので、人手が足りない場合は運び出す事に苦労するかもしれません。
 
その他、行政サービスの場合は家電リサイクル法の対象となっているものは回収する事ができません。処分先を別々に考えなければいけない手間があるので、効率よく不用品や粗大ごみの処分を行いたい方にとってはデメリットになってしまう可能性があります。
 
費用に関しても、不用品回収にかかる費用は一点ずつ金額が決められているので、家のものを全て処分した場合は思ったよりも回収費用が高くなってしまった…という事もあり得ます。
 
次に民間のゴミ回収業者のサービス形態について紹介していきましょう。
民間のゴミ回収業者には2パターンあり、行政が提供しているサービスのように一点一点引き取りを行う単品タイプと、まとめて引き取りを行う定額制のタイプがあります。どちらにもメリット・デメリットがありますが、処分するものが大型かつ少数の場合は単品タイプを、不用品の大きさに限らず処分量が多いという場合には定額制のタイプを選ぶと良いでしょう。
 
定額制の場合は、トラックに詰め込める容量を目安にする料金体系が一般的で、トラックもしくは軽トラックが一杯になるまで自由に不用品の積み込みが行えます。
小さい物を大量に積み込むことも、処分費用のかかりがちな大型の粗大ゴミをまとめて処分する事も出来るので、不用品の処分内容は自由です。荷物の積み下ろしも専門のスタッフが行うので、力仕事が発生する可能性は少ないと言えるでしょう。
 
では、どういった物が回収の対象になるのでしょうか?ゴミ回収業者で回収できるものは多岐にわたり、処分の面倒な燃えないゴミはもちろん、大型のベッドや家具なども回収する事も可能です。もちろん、家電リサイクル法の対象となっている家電も処分する事が出来るので、よほど特殊な素材・物質から出来たものでなければ大抵の物を処分する事が出来ます。
 
しかし、あまりに大きな物だと回収時に時間がかかってしまうので、ある程度の大きさまで解体したり、大型のカーペットであればビニール紐でまとめておくなど、処分時のことを考慮しておく事をオススメします。ただし、買取を同時に行って貰うという場合には安易に解体せず、回収業者の指示にしたがう方が良いでしょう。
 
また、民間の回収業者にメリットが多いとは言え、注意点もいくつかあるので気をつけて下さい。
例えば、料金に関するトラブルです。安価に回収できると期待していたつもりが、実は追加費用が発生していた…というトラブルもあり得ます。トラブル内容の一例としては、2階以上の場合は追加費用が発生したり、人員を増やす必要があった場合に追加費用が発生するといった内容です。これらの追加費用は定額制の回収業者であっても発生する可能性がありますので、契約する前に契約内容を十分に確認するようにして下さい。
 
以上のように、注意点こそあるものの、民間の回収業者を利用する場合は様々なメリットがあります。
 
しかし、回収業者はとても多いので、闇雲に探すだけでは良い回収業者を見つけることは出来ません。地道に近隣の回収業者を探すしましょう。