不用品回収・遺品整理・粗大ゴミ回収
 

大型ゴミを早く処分したい!

大型ゴミを捨てられたらすっきりしますね。でもどうやって捨てたらいいのか分からずに、いつまでも家の中にあったりしませんか?大型ゴミを処分するには役所に頼むのがいいのか、不用品回収業者に頼むのがいいのか比較してみました。また安心な不用品回収業者を見分けるための注意点もあげておきました。
 
役所で頼めば安いし、安心ではあります。でも役所でお願いするには案外ハードルが高いことは知らない人もいるのではないでしょうか。まず処分できる大型ゴミの種類が少ないことがあげられます。ピアノが役所では回収してくれないゴミの代表例ですね。家電リサイクル品も回収してもらえません。不用品回収業者が危険物や引火性のものなど一部を除き、ほとんどのものを回収できるのに比べたら、役所で回収してもらえる範囲は狭くなります。
 
役所で大型ゴミを回収してもらう場合は安価なことが魅力的です。
しかし、役所によって大型ゴミの回収にかかる費用も違います。シールなどを貼る自治体ではサイズによっては複数枚必要だったりしますので、確認が必要です。また、役所の場合、料金が安い代わりに集積場所まで自力で搬出しなければならない地域もあります。吊り下げが必要な大型ゴミの場合、役所はそのような作業をしてくれないので自分で何とかするしかありません。そのうえ、引っ越しシーズンなどと重なるとすぐに処分できず、回収まで思った以上の時間がかかったりもします。平日のみの回収という役所も珍しくはないでしょう。
 
捨てたい大型ゴミが、役所の回収できる大型ゴミ以外である場合や、すぐに処分した場合には不用品回収業者を使って処分することをお勧めします。
 
そうは言っても、不用品回収業者のトラブルもよく耳にするので心配ですよね。
国民生活センターに寄せられたトラブルには、「無料と思ったのに有料だった」「車に積んだ後で料金を取られた」「見積もりの2倍も取られた」「回収されたゴミが不法投棄されていた」などがあります。まず前提として覚えておいた方がいいことは、「一般廃棄物の収集・運搬は市区町村に許可を受けた事業者しかできない」ということです。
安易に無料という言葉に釣られて頼むとトラブルに遭うことがあります。許可があるのかを確認しましょう。
 
では、どのような基準で不用品回収業者を見つけたら、安心して大型ゴミを回収してもらえるのでしょうか。
 

 
第一のポイントは見積もりにあります。
見積もりは複数から取って比較してみることをお勧めします。
無料で見積もりをしてくれる不用品回収業者もあるので、相場を知る意味でも利用してみましょう。見積もりの段階で電話のみの概算しかせず、回収を受けるようなところは避けた方がいいです。なぜならプロの目で実際に現場を見て、様々なケースを想定してみないと最終的な見積もりは出せないことの方が多いからです。
見積もりの内容も総額ではなく、出張費や処分費など細かく見積もりを出しているかをチェックしましょう。見積もりがいい加減ですと、後から追加料金が発生して、思っていたよりも高く請求されることがあります。
 
第二のポイントは追加料金について記載があるかどうかです。
当日の追加料金はありませんと書いてあれば安心です。書いてない場合はどのような場合に追加料金が発生して、いくらくらいかかるのかを事前に確認しておきましょう。
また、クレーンや分解作業のように特殊な作業が必要な場合や休日の作業の場合にも、基本の料金とは別に追加料金が発生する場合があります。このようなことをきちんと事前に指摘してくれる不用品回収業者を選ぶ方が安心です。見積もりの段階では安かったのに、当日に追加料金が発生してしまっては、せっかく安いところと思って頼んだことが無駄になります。
 
第三のポイントは妥当な費用です。
できるだけ安くとは誰もが思うことでしょう。しかし、家電リサイクル品などの費用があまりにも安い場合は注意が必要になります。
家電リサイクル法によって処分にはリサイクル料金がかかることをあらかじめ決められているからです。料金表などでリサイクル料金が入っているのか確認してみてください。その点について書かれておらず、安すぎる場合はその料金を後で追加費用として請求されてしまうかもしれません。
 
安心して回収を頼める不用品回収業者を選ぶポイントを3つあげてみました。
これらのポイントを踏まえて回収を頼めば、トラブルに遭うことも少なくなるはずです。それどころか、不用品回収業者に回収をお願いすることのメリットが発生する場合もあります。それは、引き取ったものを買取してくれる不用品回収業者があることです。回収したものの中から買取が可能なものがあれば、その場で買い取ってくれます。自分でリサイクルショップに持っていく手間も不要です。さらに、支払った費用の一部が戻ってくる可能性は役所で回収してもらった場合はないので、お得な感じがしますね。
 
大型ゴミを捨てて、今までより広くなった部屋ですっきりした気分になったら、新しいインテリアを考えたりするのも楽しいことです。一日も早く処分したいのであれば、不用品回収業者にお願いしてみてくださいね。