不用品回収・遺品整理・粗大ゴミ回収
 

メリットや注意点とは?不用品回収について

不用品を処分したい時、不用品回収業者を利用する場合があります。
 
不用品回収業者とは、不要になったものを回収して処分してくれる民間業者です。燃えるごみや資源ごみは自分で処分しやすいでしょう。一方で、粗大ごみやリサイクル家電など、自分では捨てにくいものがあります。それらを回収して、処分をしてくれる業者なのです。
 

 
不用品回収業者の利用は、手続きが簡単で利用者の手間がかかりません。電話やインターネットで申し込みをすれば、家まで回収しに来てくれることがメリットです。不用品をまとめてから連絡をするだけで、運搬や処分をしてくれます。即日回収している業者もあり、急な引越しにも対応しているでしょう。
 
ごみの種類を問わずに回収してくれることもメリットです。
通常のごみ処分では、粗大ごみや資源ごみなどの処分日が決まっていて、処分方法も自治体によって異なります。よって、全てを処分するまで期間がかかり、手間もあるでしょう。自治体で大型の不用品を処分する場合、有料シールの購入をしてから、回収の指定日まで待たなくてはなりません。
回収場所は家の前になりますが、そこまで運ぶ手間もかかるでしょう。不用品回収業者はまとめて回収してくれるため、1日で処分できます。一般的に、不用品のほとんどが回収可能です。しかし、業者によっては、食品や液体・スプレー缶などは回収対象外になっています。
 
料金体系がわかりやすいこともメリットです。
ホームページを作成している業者もあり、基本料金やオプションの料金が記載されているでしょう。例えば、軽トラック1台当たりの料金、部屋丸ごとプランなど、利用者が理解しやすい料金になっています。
不用品回収では、品物ごとに料金を決めている場合が多いです。よって、料金表を見れば、不用品回収にかかる目安が分かります。また、同時に買取をしてくれる不用品回収業者も多いです。買取サービスを利用すれば、不用品回収料金と買取価格を相殺できます。つまり、買取も実施すれば、処分にかかる料金を安く抑えられるのです。
 
冷蔵庫や洗濯機・エアコンなどはリサイクル家電として、通常の粗大ごみで捨てられません。
それらを処分する場合、家電量販店などに申し込み、引き取ってもらいます。
 
一方で、不用品回収業者ならリサイクル家電も回収可能です。取り外しが必要な家電も、オプション料金がかかる場合もありますが、取り外しからしてくれます。また、解体スキルが必要な不用品も回収してくれるでしょう。よって、大型家電の処分では、設置場所からトラックへの運搬を任せられるのです。つまり、体力がない人や忙しい人は、不用品回収業者に依頼することで、効率的に不用品処分ができるでしょう。さらに、引越しやハウスクリーニングなど、不用品回収以外のサービスをしている業者もあります。
 
不用品回収業者を決める時は、サービス内容や価格を比較してから選択するといいでしょう。
業者を知るためには、ポスティングされたチラシやインターネット検索・巡回トラックを探すなどの方法があります。回収にかかる料金の決まりはなく、業者ごとに設定できます。よって、料金相場を把握していると、選択しやすいでしょう。
 
複数の業者を比較する時は、「料金体系が分かりやすい」「無料で見積もりを出してくれる」「対応地域」「サービス内容やオプション」などを確認します。口コミを読み、利用者の意見を参考にするのもいいでしょう。
 
不用品回収業者に依頼をする時は、最初に見積もりを出してもらうのが望ましいです。
不用品の数が少ない場合は、電話申し込みの際に料金目安を教えてもらえます。回収品が多い場合、現地見積もりをする場合もありますが、その時はスタッフの対応などを確認するといいでしょう。見積書を発行してもらうことで、今後の料金トラブルを防げます。見積もり書で確認するのは、総額料金だけではありません。
基本料金や処分費だけでなく、人件費や車両費がかかる場合もあります。「当日に追加料金は請求しません」「不用品回収品が増えない限り、追加料金はありません」などの記載があると、安心して利用できるでしょう。
 
不用品回収業者を選択する時は、許可や資格などを確認します。
例えば、古物商許可を得ている場合、回収した不用品を販売してもいいと許可された不用品回収業者です。よって、不用品回収と共に買取を依頼したい場合は、古物商許可がある業者を選択しましょう。また、産業廃棄物収集運搬や遺品整理士などの資格を持っている人が在籍している業者もあります。
 
このような資格がある場合、サービス内容が充実していることが多く、安心して任せられるでしょう。