不用品回収・遺品整理・粗大ゴミ回収
 

大型ゴミは不用品回収業者にお願いしよう

新しく電化製品や家具を購入した際に、今まで使っていた物の処分に困ったことはありませんか?また家の大掃除をした時にも、不要な大型ゴミがたくさん出てくることもあるかと思います。
このような不用品の処分には、不用品回収業者の利用が便利です。
今回は不用品回収業者を利用するメリットと一般的な申し込みの流れ、選ぶポイントをご紹介します。
 

 
不用品回収業者を利用するメリットは、大きく分けて4つあります。
 
1つ目は、大型ゴミも業者が運んでくれることです。
自治体の不用品回収にお願いすると、自分で指定された場所に運ぶ必要があります。ベッドやタンスなどの大型ゴミの場合は1人で運ぶことは難しく、特に高齢者や女性にとってはとても大変です。業者は豊富な経験を持っているので、大型ゴミでも簡単に運んでくれます。
 
2つ目はテレビや冷蔵庫、エアコン、洗濯機といったリサイクル家電も回収してくれることです。
これらの家電製品は家電リサイクル法で規制され、自治体の不用品回収に出すことが出来ません。新しく家電製品を購入する家電量販店などに、回収を依頼する必要があります。パソコンは家電リサイクル法の対象ではありませんが、これもパソコン回収業者などに別で引き取ってもらう必要があります。
不用品回収業者に依頼すれば、これらのリサイクル家電とパソコンもまとめて回収してくれるので便利です。
 
3つ目は希望するスケジュールに合わせて、回収をしてくれることです。
一般的に自治体の不用品回収では、回収日が決まっています。場合によっては1か月に1回だったり、申し込みをしてから2週間後だったりすることもあります。
回収までに大型ゴミが家の中にあると、邪魔になります。また例えば急に引っ越しをしなければいけないような状況では、回収まで待つことが出来ません。その点、不用品回収業者であれば個々のスケジュールに合わせて回収をしてくれますし、場合によっては申し込みをした当日に回収してくれるケースもあります。
 
4つ目は、物によっては買い取りをしてくれる場合があることです。
テレビや冷蔵庫、テーブル、椅子などリサイクル品としてまだ利用できそうな物は不用品回収業者が買い取ってくれることがあります。買い取ってもらえれば当然お金が手に入るので、その分を回収費用に充てることも可能です。
 
一般的な申し込みの流れは次の通りです。
まず回収を依頼したい業者に連絡をします。電話やホームページ上に掲載されているメールアドレスなどを通じて連絡をします。
その後見積もりを取ります。回収を希望するものが小さかったり、少量だったりする場合は電話やメール上のやりとりのみで見積もりを取ることが出来ます。一方で大量のものを回収希望する場合は、業者のスタッフが直接家まで見積もりに来ることがあります。見積もり内容に問題がなければ、回収の日時を決めます。あとは回収当日に業者が来て、不用品を回収してくれます。代金は回収後に業者に支払いますが、現金の他にクレジットカードを利用出来ることもあります。
 
不用品回収業者はたくさんあるので、インターネットで調べてもどこを選べば良いのか悩んでしまう方もいるかと思います。業者を選ぶポイントはいくつかあるので、ご紹介します。
 
まずは、料金体系が分かりやすいかです。不用品回収は料金が何にどれだけ適用されているのか、分かりにくい点があります。中にはこれを利用して、高額な料金を請求してくる業者もあるほどです。追加料金を含めた料金体系が分かりやすく、また内訳がしっかり分かる見積もりを出してくれる業者を選びましょう。
 
また、業者の所在地が明確かどうかを確認してください。低品質なサービスを提供して後からクレームを避けるために、所在地を明確にしないで各地を転々としている業者があります。ホームページや受け取ったチラシで、所在地が明確かどうかを確認することが大切です。
 
最後に業者のスタッフの態度も、重要なチェックポイントです。初めに電話をかけた時の応対や、見積もりのために訪問して来た時の態度が良いかチェックしてください。メールだけのやり取りであっても文面が丁寧か、返信が迅速かなどで確認することが出来ます。優良な業者であればスタッフの教育にも力を入れているはずなので、スタッフの態度を見ると業者のことが良く分かります。
 
いかがでしたか?不用品回収業者には、自治体が行う不用品回収に比べてメリットがたくさんあります。しかし一方で業者の数が多くて選びきれなかったり、優良ではない業者もいるので注意が必要だったりもします。今回ご紹介した記事を参考にして、不用品回収業者を利用してみてください。