不用品回収・遺品整理・粗大ゴミ回収
 

粗大ゴミの処分は不用品回収業者におまかせ

引っ越しや大掃除の際に出た粗大ごみを処分する方法としては、自治体の粗大ゴミ回収を利用する方法と不用品回収業者を利用する方法とがあります。まずは、お住まいの自治体の粗大ごみ回収を利用しようと考える人も多いと思いますが、この方法、思いのほか使い勝手が悪いので、注意が必要です。
 

 
例えば、自治体の粗大ゴミ回収の場合、回収の日時は事前に決められており、その日時でなければ回収してもらえないことがほとんどです。
すぐに処分してほしいと思っても、なかなか思い通りにはならないことも。また、回収の日には、ごみの集積場まで自力で運ばなければならないところも少なくありませんし、自宅で回収してもらえる自治体でも、自宅からの搬出は自分でやらなければなりません。これでは、重くてかさばる粗大ごみですから、とくに高齢者のお宅では大変苦労することになってしまいます。
 
処分費用の面でも、自治体の粗大ゴミ回収の利用のほうが有利とは必ずしもいえません。自治体の粗大ゴミ回収でも、大型家電や大型家具では数千円程度の費用がかかるのが一般的ですし、自宅からの搬出を依頼する場合は、別途費用がかかるところがほとんどです。
ほとんどの自治体の粗大ゴミ回収では、家電リサイクル法の対象となっている家電製品の回収はしていないので、それらについては別途、家電量販店や専門業者に依頼することになりますが、法定の費用が必要となります。
 
このように、自治体の粗大ゴミ回収は思いのほか使い勝手が悪いので、そんなときは思い切って不用品回収業者を利用するのがオススメです。まず、不用品回収業者を利用する場合は、利用する側の都合に合わせて、粗大ゴミ回収の日時を決めることができます。業者によりますが、収集用のトラックと人員に余裕があれば、当日収集してもらうことも可能です。
また、不用品回収業者を利用する場合、電話一本で収集に来てくれ、しかも家の中からの搬出もやってくれるため、依頼主としては重いものを苦労して運ぶ必要がなく、とてもラクです。不用品回収業者は粗大ゴミの搬出のプロでもありますので、粗大ゴミの搬出にともなって、壁やフローリングを傷つけてしまう心配もありません。
 
処分費用についても、不用品回収業者に依頼した方がお得になることも少なくありません。
不用品回収業者に依頼すると、処分費用がかさんでしまうのではと心配する人も多いかもしれません。確かに、不用品回収業者の中には、詐欺まがいの手口で法外な費用をふっかける悪徳業者がいることも事実です。しかし、誠実に業務を行っているほとんどの不用品回収業者は、事前に無料で見積もり価格を算定し明示するなど、明朗会計を心がけています。実際の費用も、業者にもよりますが、回収する物品ごとに細かく費用を設定していたり、軽トラ1台ならいくら・2トントラック1台ならいくらなどとトラックの容量によって細かく設定したりしているので、自治体の粗大ゴミ回収よりも安く済むことも多いです。
 
また、不用品回収業者を利用する場合、自治体の粗大ゴミ回収では受け付けてもらえない、家電リサイクル法の対象となっている家電製品の回収も依頼することができます。これらの製品について、他のゴミと分けて処分を依頼する必要がなく、一回の収集で済むので手間がかかりません。
さらに、不用品回収業者によっては、家電リサイクル法の対象となっている家電製品も含めて、まだまだ使えそうな家電製品やテーブルやソファー、食器棚などの大型家具を買い取ってくれることもあります。その場合は、その他の粗大ゴミの処分費用が必要だとしても、差し引きゼロになることも。買取額が上回れば、ちょっとしたお小遣いを手にすることさえできるのです。
 
このように、使い方しだいでは、自治体の粗大ゴミ回収よりかなり有利になることもある不用品回収業者の利用ですが、中には悪徳業者もいるので注意が必要です。例えば、不用品の回収を依頼したら貴金属を強制的に買い取られたとか、見積もり以上の高額な処分費用を請求されたなどの、悪質な事例も散見されます。
 
通常、不用品回収業者に依頼する場合には、業者は無料で見積もりを算定・明示し、依頼主がそれに納得したうえで、業者と依頼主の間で契約を交わし、その後に実際の回収作業を行います。粗大ゴミ回収にまつわるトラブルを避けるためにも、見積書や契約書をきちんと確認し、納得したうえで不用品回収御者を利用するようにしましょう。